収益物件・投資物件を高く売る方法

こんにちは。収益物件買取.comの馬場です。

 

前回の『収益物件・投資物件を買い取ってもらうタイミング』に引き続き、収益物件・投資物件を高く売る方法ですが、

これは購入予定の投資家がどこを見ているのかを知ると分かりやすいと思います。

 

投資家は賃貸物件から上がる家賃収入を目的に不動産を買います。

家賃収入の収益が目的でありながら、他人に部屋を貸して賃料収益を上げる為、建物メンテナンス費用も必然と必要となり相対的に価格決定します。

ゆえに家賃収入が上がる物件であり、且つ現況も家賃収入が上がっている(入居率90%以上)で建物も今まで定期的にメンテナンスを行って、大規模修繕も終了している物件などは、収益物件買取.comの買取でなくても仲介で高く売る事が可能です。

<<収益物件仲介のご依頼なら収益物件販売専門店のスリーラージにご依頼下さい。>>

 

収益物件買取.comの強みは最短5日で現金化でき売却の情報流出にかかる機密性が高い事であります。

仲介ではエンドユーザであるお客様を探す時間もかかり広告などにより近所や管理会社、入居者には隠せない。また仲介会社や検討者との交渉など手間がすごくかかる事。売れない可能性がある。売れるまでに時間がかかる。リフォームが必要な場合がある。。。。etc

などなど、仲介では高く売れるのと同時に多くのデメリットも出てきます。

家賃収入のあがる収益物件を売却するということは、一般的な目線で云ったら『個人又は法人の内部経済状況が良くないのではないか』と思われます。

通常なら家賃収入という返済原資があるのだから、売却する必要なんて無いにも関わらず、、、と思われがちなので

収益物件の分野においては買取需要が非常に多くあるのが現状です。

 

そうは云っても入居率が良ければ自分で持っているよ!空室が多いから困っているんだろ!という声が聞こえてきそうですが

高く売るには色々とお金がかかるのも現状です。

そう考えれば不動産って適正価格があり、リフォームをしていなければ入居者が入るようにリフォームをする必要がありますし

外壁が塗っていなければその分のコストも掛りますし、入居率が低ければ入居率を上げるコストと時間がかかります。

タイムイズマネーというように、入居者が入っていないから安いのではなく、入居者を入れるコストを考えると必然と適正価格になるんですね。

 

仮に買取価格にご不満がございましたら、入居率を上げ、内外装のリフォームをすれば高く売れる可能性は高まります。

当社代表も多くのカリスマ投資家に対し寄稿しておりますが、入居率=収益目的ですので、現状明日から上がってくる収益がいくらなのか、また中長期的なコストがどれだけかかるのかという相対(いわば経常利益)が投資家の目線であると言っております。

その投資家の目線を一つの指標で示すものが利回り(その物件が将来的にどの位の収益を生むかどうかを物件価格で割り出す)であり

利回り目線で計算しても建物構造によっても異なります。

 

ではどのような物件がどの位の利回りなのかを次回お話しさせて頂きます。

では。。。

 

当法人はこの分野の専門ですので適正な価格で買取をしています。

★★★収益物件・投資物件の買取は収益物件買取ドットコムへ★★★

TEL:0120-801-448
FAX:050-3730-6170
収益物件、投資物件の買取なら当社にお任せ下さい。

 

 

タグ: ,


コメント

トラックバック

トラックバックURL:


TOPへ

TOP | 買取案内 | 無料査定 | 対応エリア | 買取実績 | 買取までの流れ | よくある質問
お問い合わせ | 会社概要

Copyright © 2012 収益物件買取.com All Rights Reserved.