収益物件・投資物件を買い取ってもらうタイミング

こんにちは。収益物件買取.comの馬場です。

 

今年に入ってから不動産業者様からも多くのお問合せを頂くようになって参りました。

当社は賃貸アパートマンションなどの投資用不動産売買専門の法人でして数多くの売買実績がございます。

また自社および子会社でも数百室の物件を保有しており、賃貸アパートマンションなどの収益物件・投資物件についてはキチンとした目利きができます。

こういった投資用のアパートマンションは経済状況、金融機関の融資の扉が開いているタイミングか否かで大きく価格が左右されますが、

2013年我が国の経済は、政権交代後の経済政策に対する期待感と日銀新総裁による大胆な金融緩和策による、株高や円高などにより明るい兆しが感じられるようになり、現物不動産においても徐々に動きが出てきた状況であります。

日銀は4月4日、金融政策決定会合を開き、市場の資金量を新たな政策目標に設定し、資金供給の規模を2年間でこれまでの2倍に拡大することを決めました。

これはどういった意味があるかというと、通貨価値が落ちますので金融機関の融資の扉も大きく開いてきます。

いままでの金融緩和とは規模の違う金融緩和という事ですので、この時期に売却するのが良いと思います。

来年になるとまた消費税の増税により、市場は冷え込むでしょう。

市場経済が活性化していない状況下で消費税の増税ですので、大きな影響を与える事は間違いないと思っております。

不動産を所有している法人に限っては建物に係る消費税があります。

課税売上のある消費税の課税事業者であれば消費税の納税もあります。

5%から8%に上がる訳ですので3%も違うんですよ!

 

不動産売買仲介の手数料も3%

 

いわば仲介手数料をダブルで支払わなければならないようなものです。(もちろん建物代金についてのみですが)

よってこのタイミングでの売却が少しでも高く売る=利益を残せる処分タイミングなのです。

テレビCMで見かける某学習塾のように『今でしょ!』といった感じです(笑)

 

ではタイミングは分かったけど、どうすれば 高く売れるの?

を次回お話しさせて頂きます。

では。。。

 

当法人はこの分野の専門ですので適正な価格で買取をしています。

★★★収益物件・投資物件の買取は収益物件買取ドットコムへ★★★

TEL:0120-801-448
FAX:050-3730-6170
収益物件、投資物件の買取なら当社にお任せ下さい。

 

 

タグ:


コメント

トラックバック

トラックバックURL:


TOPへ

TOP | 買取案内 | 無料査定 | 対応エリア | 買取実績 | 買取までの流れ | よくある質問
お問い合わせ | 会社概要

Copyright © 2012 収益物件買取.com All Rights Reserved.